centOS6のサービス設定

centOS6のサービス設定

initデーモン

linuxサーバが起動したときにスクリプトを実行するためには、
以下のフォルダにスクリプト実行用シェルがあるため、
そこに登録しておく。

/etc/rc.d/rc3.d/

S01からS99の順番に起動されていくが、S99localというシェルに書き込んでおくと、すべての処理が動いた最後に起動される。

呼び出し

以下、登録例。

[root@saturn rc3.d]# cat S99local
#!/bin/sh
#
# This script will be executed *after* all the other init scripts.
# You can put your own initialization stuff in here if you don't
# want to do the full Sys V style init stuff.

touch /var/lock/subsys/local
/bin/sh /takara/tkr_script/006_EtherReset.sh > /dev/null

参考URL

コメント