macのchromeが真っ黒(妄想)

googleにお金払ってメールやクラウドを使ってるので、gmailとgoogle cloud consoleはchromeでいっつも見てる。

ある日、妄想でchrome起動したら真っ暗になってた。
どうしようもない雨の日で、お先真っ暗って気分になった。

その回避方法。

原因

googleにあるchromeのヘルプを探してみた。

chromeは画面描画の際にハードウェアアクセラレータを使いたがるらしい。
その設定が生きてると、真っ暗になることがあるって。

そのほうが処理能力が上がってレスポンスが上がるからなんやろけど・・・。
いらんことせんといて欲しいなぁ。

chromeの右上に「・・・」って書いたアイコンがあって、そこから設定に行けって解説してあるけど、真っ黒で見えんかった。

以下、真っ暗じゃないときにアイコンがある箇所。

gvis-MontereyChrome

アンインストール(これだけじゃ治らず)

APPのフォルダを開いて普通にchromeのアイコンをゴミ箱に入れる。
しばしお別れ。

chromeのdmgをダウンロードしてマウントし、開いた窓でAPPにドラッグしたらまたインストールできる。

そしたらまだ真っ暗。
くろむー、腹立つー!!

たぶん設定ファイルがどっかにあるんやな。

設定ファイルを潰す

こうなったら、どっかに設定ファイルみたいなのがあるはずやから潰したるねん。

設定を削除する方法を探したら、書いておられる方がおられた。

作者さんありがとう。

Chrome の初期化方法(Windows / Macintosh 編)
Chrome が起動できなくなった、なにをしてもおかしくなったなどの場合に、Chrome の設定を初期化することで解決することがあります。Chromeは単純に削除しても設定はユーザーのプロフィールに残るためです。 前半は、Windows 編、後半に Macintosh 編を掲...

もう1回アンインストールして、作者さんが解説してたことをコマンドラインでやってみる。

rm -fR /Users/nari/Library/Application Support/Google/Chrome
rm /Users/nari/Library/Preferences/com.google.Chrome.plist

ここでさっきダウンロードしておいたchromeのdmgファイルを使ってインストールしたら治った。

なぜかハードウェアアクセラレーションがオンでもブラウザは真っ暗にはなってへんかったけど、即座にオフにした。

gvis-MontereyChrome

削除を2つ実行したけど、2つ目のPreferencesのフォルダの中見たら昔使ってたソフトウェア設定がゴロゴロ残ってることに気づいた。

インストールしなおしたらまた同じ設定が使えるって配慮やろけど、設定おかしくなったときは困ったことになるから、いらんものはついでに消しといた。

そういえばwindowsでも同じようなフォルダがあるなぁ。

Usersフォルダの自分のプロファイルにAppなんとかってフォルダがあったはず。

参考にさせてもらったサイトにも、%USERPROFILE%¥AppDataってある。

windowsもたいがいやけど、macも手間かかるわぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました