Steamのセットアップ

任天堂のゲーム機でカワイイ系のゲームをするより、SONYのPlaystationでゲームをすることのほうが自分は好き。

Playstationは初代から買い続けてきて、優れたゲーム機とは思うが、数年に1回買い換えてるのバカらしくなった。それで1台のPCで全部ゲームできないかって考え始めた。

  1. ps3まで遊んでたゲームがps4になって遊べなくなって、買ったゲームどないしてくれんねん!
  2. PlaystationNetworkで情報事故があったとき、こりゃ危ないしアカン
  3. 高価なグラボをdockerで使えたりしないか研究してみたい

って思った。ps4を1つ買うより高価なグラボ必要になるけど、高性能なマシンでサクサク動いてくれたらそれでいい。

steamの存在を知り、final fantasyもdevil may cryもできることがわかって、ps4とはサヨナラしたのが2019年末。

2020年の正月に第8世代CPUを流用し、GTX1050Tiをくっつけたマシンを組み立ててた。グラボはオモチャと思ってたので、どれぐらいの投資でどんな性能が出るのかを体感。steamは新しいゲームだけじゃなく、古いのもあったのでやってみたかった。

2021年に、第8世代i5 + GeForce GTX1050Tiだったマシンを、2021年に第10世代i7 + GeForce RTX3070 O8Gに引っ越し。めっちゃ快適。

steam のセットアップ

  1. インストール
      
    steamシステムはダウンロードしてインストールするだけ。新PCに行ってもアカウントと連動するから、買ったゲームはそのまま表示だけされる。ただし、ゲームのインストールは1からやらないといけない。面倒だけど、旧PCから「バックアップと復元」を使って保存しておき、新PCへ復元。ゲームデータはsteamのクラウド上に保存されてるから何もしなくていい(例外あるけど)。
      
    home-steam
      
    home-steam
      
      
  2. ディスクイメージの設置
      
    そういうのは一切使わない。代わりにゲームはインストールが必要。RPGとかクリアしてしばらく遊ばなくなったらwindowsから削除すればいい。遊びたくなったらまたインストールする。 
      
  3. ビデオ設定・サウンド設定
      
    特にやってない。PCのセットアップのみ。
      
  4. コントローラ設定
      
    buffaloのゲームパッド。
    home-steam
  5. メモリカードの読み込み確認
      
    メディアを必要としないから、SDカードとかも要らない。steamのデータはクラウドに保存される。 ただし、FinalFantasyXIII-2はゲームシステムに問題があって、クラウド保存してたらうまく動かない問題があった。クラウド保存をやめてローカルのディスクに保存しないといけなかった・・・。なんやねんそれ。
  6. 結果
      
    devil may cry5にニーズヘッグベビーってアイテムがあって、取るときにウニョウニョ動く。コントローラも震えてくれて気色悪い。PS4でやったbiohazard7に絵の雰囲気似てる気がする。
    home-steam
    final fantasy XIII lightning returnsはGTX1050Tiでも綺麗なグラフィックスで動いた。オーディンに乗ってるシーンとかカッコよかった。
    home-steam
    短い時間で遊ぶときはグラディウス。
    home-steam
    ps4でやったけど終わらせてなくて、steamでまた買ってしまった。まだやってないので画像は未確認。
    home-steam

コメント